人生初の漢方!当帰芍薬散を飲んでみた感想!

まず初めに、当帰芍薬散を飲むきっかけが何だったかというと、

生理痛がひどく、そして生理前症候群(PMS)が長くて辛かったからです!

 

何かいいのないかなーとネットを検索しまくり、

遂に見つけたのが漢方薬の当帰芍薬散でした。

 

当帰芍薬散の効能なんですけど、

冷え性、月経痛、月経不順、むくみ、体力虚弱で疲労しやすい、下腹物痛、立ちくらみ、頭痛、腰痛と

私の症状にドンピシャでした!

私、本当に疲労しやすいんですよね。少しでも効果あったらいいな。

 

粉末タイプの漢方薬だったんですが、

風邪で病院で貰う薬に比べたら苦いだろうとある程度の覚悟をしてたんですが・・・

 

想像をはるかに上回る苦さでした( ;∀;)

 

汚い話ですが、あまりの苦さに戻してしまいました。

何回もお水でゆすいでも口の中には、ずっと後味の悪い状態。

 

飲むのは無理かなと諦めそうになったんですが、わざわざ購入したしな(-“-)

 

よし、飲み方を工夫しよう!

 

飲みやすい食材を探しにキッチンへ。

 

まず、発見したのが、バターロール!

バターロールを小さめにちぎってその間に薬を入れ込むそして、そのまま飲み込む!

 

結果、パンを噛まずに飲むのはきつい。薬の味はしなかったけど、毎回これだと喉が大変なことになってしまう!

 

子供のころ、オブラートで包んで飲んでたのを思い出し、購入しました。

最初から購入しとけば良かったなと後悔したのもつかの間・・・

 

当帰芍薬散が飲み込む前にオブラートから溶け出して漏れて舌の上がすごい状態に。

包み方がおかしかったのかなと、包み方をネットで検索し何回かチャレンジを試みたんですが毎回同じ結果に。

解決策を見つけたと安心したのがダメでした。

 

それなら、一気に当帰芍薬散を口の中に放り込んで水で流し込んじゃえ!と最初と

ほとんど変わらない結果になりました。

 

漢方は、苦いものだと割り切るしかないですね。

 

そして、一番大事な当帰芍薬散の効き目について。

今までは、トイレあまりいかない体質だったんですが飲み始めてから、トイレに行く回数が増えました!

ほんとびっくりです。

トイレに行く回数が増えるにつれて、足のむくみが少し軽減された感じがしました。

 

生理前症候群なんですが、前は、寝こむことが多くきつかったのが飲み始めてからは、やっぱりきついのはきついけど、寝込むまではありませんでした。

 

あとは、少しふっくらしたかなと。

ネットでまたもや調べた結果、虚弱体質の方は、痩せ型の人が多く少しふっくらしたほうが良いみたいです。

なんだか複雑ですね。そもそも当帰芍薬散飲んだ影響なのか、もしくは、単純に食べすぎたせいなのかよくわからないので一旦服用を辞めて様子を見ることにしました!

 

ほんとは、長期服用で徐々に効果あるみたいです。

飲む方は、すぐの効果は期待しなほうがいいかもです。

 

以上、私の感想でした ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です